×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長崎即日融資審査なしではブラックに滞納者に主婦に風俗店員と他店では借りられない方を対象に無料相談をしています

長崎 即日融資 審査なし【ブラック/滞納者/主婦/風俗】まずは無料相談サービスへ!

nagasaki_360x120.jpg

消費者金融によっては借りれる??

この間友人にこんな話をされました。

「実は私はブラックなんだ。でも今度親が上京することになって、そのお金を出さないといけないんだけれど、お金が無いから貸してくれないかな?」

私は友人がブラックだったということもびっくりだったのですが、それを友人の親が知らずに、その事実を隠していることにもびっくりしました。

私はもちろん、心苦しくはありましたがお金は貸せないと断りました。ですが、それだけでは友人が困ってしまうと思ったので、ブラックでもお金借りることのできる消費者金融は無いかと探してみたのです。

すると、中にはブラックでもお金借りることのできる消費者金融が存在することが分かりました。

その数は多くはありませんが、消費者金融によっては審査基準がそれぞれ違うので、この人はだめでもこの人はよい、みたいに他で断られても借りることができることがあるようなのです。

ただ、ブラックですと回収が大変になってくるでしょうし、貸してくれるといっても利息も高いようです。

そのことを踏まえて友人に話したところ、とりあえず目先のお金が必要だから、といって早速その消費者金融へいきお金借りる話をつけてきたそうです。

友人は、今回の話はなんとかなりそうだといっていました。

金の貸し借り

私はお金を借りるという行為に付きまとう不安感が嫌いです。
自分の現在の所持金では買えないものを買う、という行為の不自然さが不気味でたまらないのです。
ローンで家を買う、カードで支払いといった行為が一般的になっている現代社会においては、むしろ異端な考え方かもしれないとはわかっていますが、多くの人は金を借りるという行為の危険性に気が付いているのか疑問に思うこともあります。

例えば、ローン20年で家を買う。20年後には完済されて、老後にはささやかな貯蓄が残る。
と、金を借りる人は計算します。
しかし、それは、上手くいった場合の期待値です。
もしも、途中で病気になったら?会社がつぶれたら?物価が上がったら?地震で家が倒壊したら?

そういったケースのマイナスの期待値を計算したうえで、それでもメリットがあると考えているのでしょうか。

もしそうなら、上記のケースでも、「(災害で家が流される可能性も考慮し)承知のうえだった。」と言えるはず、「こんなはずじゃなかった。」とか「運が悪かった。」というのは、どうも金を借りるという行為に対する認識が甘いようにも映ります。

多重債務者は年々増えていると聞きます。
彼らはそうなる可能性を考えたうえで、行動し、納得して債務を抱えているのでしょうか?

私にはそうは見えません。
かれらの多くは、金を借りるという行為を甘く見たために、そのリスクに押しつぶされているように思います。

だから、私は考えます。

金を借りるという行為は、簡略であってはならないと。
複雑で、不便で、危険であるからこそ、安全に機能するような性質のものです。

知り合いや家族など特定少数に金を借りる場合はまだしも、消費者金融や、銀行など自分にっとって不特定の社会にその金の規模が拡大する時は、特に注意が必要です。

債権者は、あなたを、自身の利益を守った結果として間接的に殺すことができます。

最後に一言申し上げます。

金を借りるという行為は、未来から快楽を現在に引き寄せ、前借する行為です。
その分の危険性や不安は当然、未来へと引き継がれます。
金を借りねば死ぬような場面でない限り、金を借りるのは控えた方が良いと私は提案します。

nagasaki_360x120.jpg